環境に優しい

印刷機

人類の文明の中では、紙の登場はとても画期的なものでした。木から薄い紙を作る技術が進歩し、今では再生紙なども作られるようになりました。紙は本や新聞、メモ帳やノートなど日常生活に欠かすことのできないものになっており、まとめて買うことで安く購入できます。 この紙ですが、最近ではストーンペーパーと呼ばれる比較的高価な紙が話題を集めています。これは、木ではなく石から作られたもので、原料の8割が炭酸カルシウムという成分でできています。特徴としては、普通の髪に比べてストーンペーパーの方が印刷時のインクの渇きが早いということです。印刷をすることが多い会社ではとても便利な紙であると言えます。印刷効率が上がるため、仕事のスピードも上がるというメリットがあります。

紙は昔から必要不可欠なものとして使われてきましたが、作るためには木を伐採する必要があります。今は世界規模で地球環境に配慮した生活をしようという考えが主流になってきており、紙は必要不可欠な存在でありながらその流れにはあまり適さないものとして認識されるようになってきました。 再生紙の技術ができたことで木の伐採は減りましたが、まだ十分ではありません。ストーンペーパーの登場は、木の伐採量を減らすだけでなく、製造過程での二酸化炭素の排出量も減らせることから、地球にとても優しい製品となっています。環境に配慮して様々な活動をする会社が増える中で、印刷にストーンペーパーを使うように変更する企業も増えてきています。